読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎とレールのあいだ

Apple製品や鉄道旅行について書いたり書かなかったり。

廃線モノレールの旅「向ケ丘遊園モノレール」

JR東海」が英語で自らを「JRセントラル」と名乗ることに納得がいきません。

 

さて、その昔、小田急線沿線に「向ケ丘遊園」という遊園地がありました。

2002年に営業を終えてしまったのですが、僕も小さい頃に何度か行ったことがあります。

最寄りの駅もずばり向ヶ丘遊園駅でしたが、この駅から遊園地までモノレールが走っていて、子供心に遊園地よりもこのモノレールに乗るのが楽しみなぐらい印象に残っています。

 

駅から遊園地までは歩いてもいけるぐらいの距離でしたので、モノレールも乗って走り出したら、えっもう?てなぐらいにあっという間に到着した記憶があります。

当然モノレールももう走っていないどころか跡形も無くなってしまっているのですが、撤去される前に写真に収めていたので、今日はその時の写真をペタペタと貼っていきたいと思います。

 

撮影したのは2002年の10月です。

 

まずは、小田急線の向ヶ丘遊園駅前のモノレールの駅。

f:id:iganao:20021014091625j:plain

撤去作業が始まるので囲いがしてありました。

 

f:id:iganao:20021014091719j:plain

駅から続く線路。このモノレールは 全路線にわたって単線です。

 

f:id:iganao:20021014091749j:plain

すでに一部の撤去は始まっていました。コンクリートのレールの上に金属のレールが1本乗っかっているのがわかります。ロッキード式というモノレールの特徴です。

 

f:id:iganao:20021014092111j:plain

川沿いをレールが走ります。

 

f:id:iganao:20021014092132j:plain

橋脚とレールも年季が入っています。

 

f:id:iganao:20021014092346j:plain

結構住宅もかすめたりもします。どちらが先かわかりませんが。

  

20021014093854

かなり大掛かりな橋脚で通りを横切ります。

 

f:id:iganao:20021014093332j:plain

さらに道路と川沿いを進み。

 

f:id:iganao:20021014093043j:plain

最後に急カーブで向ケ丘遊園に入っていきます。

 

f:id:iganao:20021014093142j:plain

左が向ケ丘遊園。入るところのレールはもうありません。

 

20021014093014

工事中というより、撤去中ですね。

 

f:id:iganao:20021014093213j:plain

囲いの隙間から見えた遊園地の入り口。中はうかがい知ることはもう出来ません。

また来た道を戻ります。

 

f:id:iganao:20021014094800j:plain

向ケ丘遊園まで戻ってきました。

 

f:id:iganao:20021014094927j:plain

撤去工事を知らせる案内板。

 

実際に遊びに来たのは本当に小さい時なので、鮮明な記憶はないのですが、その時はすごく混んでいたような気がします。

モノレールの前で撮った写真があったはずなのですが、実家に行った時に探しても見つけられませんでした。

まだ、走っている間に見にくればよかったなぁとちょっと後悔しています。

 

もう、レールは完全になくなったようですが、一応、写真と自分の記憶に残しておきたいと思います。

 

 (追記)その後、写真を1枚だけ見つけました。

これが乗ったときに撮った写真です。ピンボケしてますが。

f:id:iganao:20170401163125j:plain

全然混んでないですね。降りた後かな。

もっと撮っておけばよかった。