読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎とレールのあいだ

Apple製品や鉄道旅行について書いたり書かなかったり。

送られてきたスパムメールあれこれ

学生時代、初めて電子メールを使い始めた時は、なんて便利なものなんだ!一瞬で世界中どこにでも届くなんて!と意味もなく送りつけていたことを思い出します。

 

そして使えば使うほど、スパムメールチェーンメールなども増えて行き、僕も何度か、ウイルス関連の偽情報なんかに踊らされたこともありました。

 

そんな電子メール(といいう言い方すらすでに古い感じですが)もSNSの台頭により、使用頻度が減っているようですが、SNSはサービスプロバイダーによりある程度管理された環境ということもあり、まだまだいわゆる迷惑メールなどは電子メール界でも健在です。

 

今回は、今までに受け取ったスパムメールをいくつか紹介したいと思います。

 

まずは、一見して怪しいとわかるメールから。

f:id:iganao:20151123161548j:plain

まず僕のメールアドレスはezwebですらないですが、その前に日本語がおかしい。「貴様のアカウント」って。。

mufg.jp」というURLは確かに銀行のアドレスとして存在しますが、実はこの青字をクリックすると、全然違うURLに飛ばされます。

送り主のアドレスはyahooのアドレス。まあ、やる気のない雑なスパムですね。

f:id:iganao:20151123162347j:plain

 

次はちょっと前に大量に送られ続けたスパム。

某有名ゲーム会社のメールを装ってます。

f:id:iganao:20151123162740j:plain

件名の日本語からしておかしい。

その後も同じようなメールが何通も。

f:id:iganao:20151123162554j:plain

調べるまでもなく怪しいです。

 

次はちょっと手が込んでいます。

まだHotmailという名前のサービスだった頃に送られてきたもの。

f:id:iganao:20151123162901j:plain

いかにも本物らしいロゴとともに、最後のクレジットまで結構本物っぽく作られています。メールのアカウントを確認しないと削除するという内容。リンクをクリックして確認しろと言っています。鵜呑みにすると焦りますね。文中のリンクもHotmailのURLっぽいです。

しかし、このメールも「ソース」を見ると 、

f:id:iganao:20151123213544j:plain

Hotmailと書かれた先程のURL(赤枠)をクリックすると、全然関係ないURL(青枠)に飛ばされてしまいます。メール文面だけでは分からないですね。

 

次はPayPal

f:id:iganao:20151123163638j:plain

これもロゴマークをくっつけて本物っぽくしていますが、ソースを見ると、

 

f:id:iganao:20151123163829j:plain

やはり全然違うURLにリンクされています。

 

次はLinkedIn。これも同様に違うリンクに結び付けられています。

f:id:iganao:20151123164212j:plain

そしてMicrosoftを装ったメール。

f:id:iganao:20151123164252j:plain

不正ログインがあったよ、という内容を装っています。

これもMicrosoftではないURLへのリンク付き。不正ログインされた!と焦ってクリックしてはいけません。

 

クラウドストレージサービスのDropBox

f:id:iganao:20151123164728j:plain

Googleを装ったもの。

f:id:iganao:20151123164813j:plain

そして僕が一番間違えそうだなぁと思うのがfacebookを装ったメール。

これ↓は偽物。

f:id:iganao:20151123164915j:plain

そしてこれ↓は本物。並べると微妙に違いますが、それだけ見るとなかなか分からないですよね。まあ英語で送られてくること自体が怪しいと思う第一歩ですが、そのうち日本語で送られてくる可能性もないとは言えません。

f:id:iganao:20151123170537j:plain

そして、本物のfacebookのメールに合わせてスパムも進化しています。ちょっと前のスパムはこんなでした。

f:id:iganao:20151123165004j:plain

これは、当時の本物のメールが次のようなものだったからです。ちゃんと本物の進化に合わせてくるんですね。

f:id:iganao:20151123171350j:plain

 

変なメールに騙されないためには、最低限、次のことに気をつけましょう。当てはまっていたら怪しいです。

 

  • 日本語が怪しい文章のメールが来た。
  • 身に覚えがない内容のメールがきた。
  • 送り主のメールアドレスがサービスの名称と関係ない。
  • 使っていないサービスからメールが来た。
  • ふだん日本語で使っているサービスなのに、メールが英語(またはそれ以外の言語)で送られてきた。
  • 使っているサービスからのメールだけど、登録していないメールアドレスに届いた。
  • なんか知らんが緊急を要する内容のメール文面だ。
  • URLにマウスで矢印カーソルを持って行って表示されるURLが文面と違う。

 

メールに表示されたURLはなるべくクリックしないほうが良いですね。

自分からそのサービスに見に行ったほうが良いです。

 

 

下記も参考にどうぞ。